FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハミハミ王子さん 新春企画に寄稿!!その2




今さっき その1について触れましたが
その1 のハミハミ王子さんの記事が掲載されたのが 2013/01/03 
◆新春企画「象徴の蛇・隠喩の蛇」 ~1章 日本の蛇信仰を探る

昨日ですね~2013/01/08
その2が縄文ブログさんに掲載されたようです!!

新春企画「象徴の蛇・隠喩の蛇」~2章 世界の蛇信仰を探る~


今回は世界の蛇信仰ということで
安田善憲著「蛇と十字架」(人文書院1994年)をベースに

キリスト教、ユダヤ教における自然と人間の関係を
そして、日本における蛇のいる自然と経済発展について記しています。

こちらも世界にあった蛇信仰とはなんだったのか?
考えさせられる寄稿となっています。


わたくしのHPにも世界の「へび」について記していますが、
(まだまだ掲載したいこと途中ですが)
『へび』と『民族』とは切っても切り離せないものになっています。

たとえば、車のアルファロメオには、大蛇に飲み込まれるサラセン人(イスラム教徒)が描かれています。
大蛇というのは十字軍を表しているのですが 赤十字は蛇と関係があるのです。
私としては なんだか、あからさまに民族の対立が描かれていて ちょいとひいてしまいますが、
キリスト教も初期はへびを崇拝していましたし、
ユダヤ教も同じです。
WHOのマークと同様に 一説には$マークもユダヤの青銅の蛇という説もあります。

先進国でキリスト教圏でないのは日本くらいとハミハミ王子さんも記していますが
神道が注連縄と関係あるように、
ある意味 神道も太古のキリスト教の流れを持っているのかもとわたくしは考えています。

わたくしは 蛇の目って何ぞや? を とおして
相手の歴史や価値観を理解することが仲良くなることの第一歩とも思ってまして
地味に 世界が争いのない平和な世の中になることを切に願っているのです。


そんなわけで、ハミハミ王子さんの

新春企画に寄稿!!その2 是非 読んでみてね~~。
次回作も期待してますよ~~

今年こそ世界が紛争のない平和な年でありますように。(>人<;)



スポンサーサイト
Copyright © 蛇の目って何? ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。