FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年北京オリンピック



2008年北京オリンピックが終わった・・・。
 4年に一回 世界の国々が集い 
スポーツマンシップにのっとって わたくしたちに感動を届けてくれました。

メディアからは 開会式に対して 長かったとか待たされたとか不評も良く聞いたが
おうちで TVの前で見た開会式は素晴らしかったと思う。

アトラクションの 活版印刷や巻物を表現した あの人数でのダイナミックな人文字?
は、これからの中国の発展を想像させるほどダイナミックだったように思う。
正直 中国の脅威を感じてしまった。

足跡の花火がCGと知ったときはがっかりもしたが、サブプライム・金融危機がおこったこれからも確実に中国・インド・ロシア・ブラジル のBRICs(ブリックス) などは発展していくものと思われる。


 オリンピックは、商業的になり批判も多いが 4年に一度のこの日を目指して調整を続ける選手にとっては、かけがえのないものであり、紛争や政略で不参加や中止にならない事を願わずにはおれない。 
 今年は四川大震災・チベットと心痛める問題があったが テロもなく無事閉幕できた事は何よりでした。

 四川・チベット・台湾等 民族問題や、暴動などまだまだ問題山積みある中国ですが、すべての人々が幸せに過ごせるようにはかって頂きたいものです。



話は 変わりますが そうそう!!
皆さんもお気づきでしたか!! そうですか!!
北京オリンピックにあしらわれていたメダルの玉壁
 あれはまさしく 蛇の目でしょう!!


詳しくは  『蛇の目って?』 第八章 北京オリンピック 玉壁  を参照いただけたらと思います。

北京オリンピック 玉壁

画像 「beijing 2008」
スポンサーサイト
Copyright © 蛇の目って何? ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。